やはり賃貸で大事なのは「間取り」

賃貸で住む際にかかるお金を把握しよう

賃貸で住む際にかかるお金を把握しよう

賃貸住まいをする時は、色々な初期費用がかかるものです。
また継続的にかかっていく費用もあります。
後で困ることがないように、実際に賃貸住まいをする場合にはどのぐらいお金がかかるのか、きちんと把握しておきたいところです。
よくかかるのは敷金と礼金で、家賃の1ヶ月分や2ヶ月分かかるのが一般的です。
注意したいのが犬や猫といったペットを飼う人で、この場合は敷金をプラス1ヶ月分払うなど出費が多くなることがあります。
また、家賃に関しては、前家賃という形で月初に支払わなければならないのが一般的です。
月の途中で入居をした場合には、その月の家賃を日割りという形で支払うのも一般的です。
ですから、自分が思っているよりもたくさんの費用がかかってしまうことがありますので注意しておきたいところです。
その他、火災保険や仲介手数料も発生するものです。
そして、暮らし始めてからは毎月家賃がかかりますし、管理費もかかりますので、幅広く把握して、無理なく生活していける賃貸物件を選ぶことが大切と言えます。

賃貸のお部屋にはそれぞれ特徴がある

賃貸のお部屋は、それぞれに特徴があります。
広さや間取りの違い、バルコニーの有無、防犯シャッターの有無、洗面台の有無、水回りの設備のグレードなど、一例を挙げただけでもこれくらいあります。
もちろん、そのほかにもたくさんの違いがあります。
そのため、賃貸のお部屋を選ぶ際には、自分の希望条件に合っているかどうかをよく見て検討する必要があるでしょう。
不動産屋に行くと、間取り図や設備の特徴が書いてある紙を見ることができます。
これを見れば、大体の特徴はわかります。
ただし、契約をするかどうかはそれだけで決めてはいけません。
やはり、実際の状態を見てみないとわからないこともあるため、必ず見学をしましょう。
見学をすれば、例えば日当たりや風通し、周囲の環境など、不動産屋で見る紙空はわからない情報も知ることが可能なので、選びやすくなります。
また、いきなり不動産屋に行くよりは、どういった条件を希望するのかを明確にしてからいった方が、検討しやすくなります。

メニュー
新着情報

◎2023/9/1

情報を更新しました。
>賃貸の敷金礼金をカットしてもらうことは可能?
>ゼロスタートの賃貸で費用を大幅に節約できる
>賃貸物件にはインターネットサービスが導入されているものが魅力
>賃貸ではアンテナの有無や設置の可否を確認する
>賃貸ではインフラ設備の充実から希望する物件を選ぶ

◎2017/6/30

住む際にかかるお金
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「賃貸 お金」
に関連するツイート
Twitter

不動産賃貸業のスマプラ(Sumapla)とかいうサービスから、お金を投資して欲しいと言われて話を聞いてみたんだけど、謎のバリエーションを出してきたり、別名義で投資いれて欲しいと要求されたり、めちゃくちゃ怪しくて、最近のベンチャーってこんなんばっかなんだなと痛感した。失礼にも程があるわ。

返信先:他1めちゃくちゃ頭悪いなぁ。 家を購入する場合、普通は頭金で2000万くらい入れるはず。 賃貸だとその分が浮くから、そのお金を年利3%で複利運用すると、30年後には5,000万くらいになってるんだよな。 あまりにも考えが浅すぎ。

返信先:礼金20万はたっかーですね😆 賃貸契約や家電・家具の購入で結構お金かかりますから、会社から家賃補助出るなら早めの一人暮らしもありですね。

持つべきものは優秀な親だね 引越し予定の賃貸について変なところがないか相談してたんだけど、初見なのに不動産の営業より細かく説明してくれたよ 断られたけどマジでお金払いたいレベルだった さすが一級建築士👍

そういや前にペットショップでチワワ飼うのどれくらいお金あればいいんかなと思って店員さんにチワワの維持費聞いたら、だいたい大型バイクと同じくらいかなって感じだったからペット可の賃貸さえ住んでれば犬普通に買えるなって思った。でも犬と大型バイクなら大型バイク選んじゃうな。