やはり賃貸で大事なのは「間取り」

賃貸の間取りについて

賃貸の間取りについて

賃貸の部屋探しにおいて、間取りを重視する人は多いでしょう。
生活に必要な広さは人それぞれです。
一人暮らしでも、荷物が多くて2LDKは絶対に必要という人もいれば、1DKを選ぶ新婚夫婦もいます。
1DK、3LDKなど、部屋数とキッチン、ダイニング等の有無を表したものが間取りですが、当然同じ間取りでも広さやレイアウトは異なります。
3LDKよりも広い2DKも存在します。
間取りと同時に広さも考慮することが大切です。
収納の有無やレイアウトによっても生活のしやすさが異なります。
狭くても、充分な収納スペースがあれば、生活空間は決して狭くありませんし、広くてもレイアウトが悪ければデッドスペースが多く、生活しにくい、ということもありえます。
最終的には必ず自分の目で見て、確かめることはもちろんですが、実際の生活をイメージしながら使い勝手を想像してみましょう。
持っている家具や、生活スタイルが違えば、Aさんには理想の賃貸でもBさんには住みにくい部屋、ということは充分に考えられます。
漠然と広さや真新しさだけで決めてしまうのではなく、テレビをここに置けばこのあたりに座ることになる、というように具体的な生活を思い浮かべることがポイントです。
広さは大人1人につき20平米というのが一応の目安になります。

高級な賃貸物件の特徴

高級賃貸と言うのは、通常の賃貸物件にはない豪華な造りをしていて、文字通り高級感があるのが魅力ですが、造りだけでなく、設備に関しても豪華さがあるのが魅力と言えます。
通常の物件の場合には、入口は普通のガラス扉で、入ると集合ポストがあり、あとはエレベーターがあるぐらいで、部屋の中も取り立てて言うほど優れた設備が備わっていることはないものです。
これが高級賃貸の場合ですと、エントランスの所にオートロック仕様となっており、住戸内と連動する形でTVモニタ付インターホンが備わっていますから、訪問客に対してかなり余裕のある距離感で接することができる言えます。
そして、集合ポストに加えて、宅配ボックスが備わっており、不在時の荷物の保管も可能になるため、とても便利です。
また、エントランスホールにはテーブルやソファが置いてあり、人を待つ時に使えたり、ちょっとの間、荷物を置いたりするのにも使えます。
使わないとしても、マンションの中にこういった空間があると言うことがステイタスになるものです。
部屋の中には、浴室乾燥機や温水洗浄便座、システムキッチンなどが標準的に装備されていることで、ワンランク上の生活をスムーズに送ることができます。

賃貸の敷金礼金をカットしてもらうことは可能?

賃貸契約を結ぶ際、敷金礼金の支払いを求められることが多くあります。
金額も大きく負担に感じるという人も少なくありませんが、これらの支払いで節約をすることは可能なのでしょうか。
まず敷金に関しては、カットしてもらうことは難しいと言えます。
というのも、敷金はもしもの際の保証金としての役割を備えているため、満額支払いが基本的に必須と考えておくのが良いでしょう。
かたや礼金に関しては、場合によってはカットしてもらえる可能性があります。
敷金と異なり慣習的に設けられている側面もあるため、交渉次第ではいくらか安くしてもらえたり、あるいは全額カットになったりするケースもゼロではありません。
なお、金額について交渉をする際には、あくまで相談という姿勢で、強く主張してしまわないよう注意が必要です。
敷金礼金の支払いが困難と判断されてしまうと、賃貸契約における入居審査に落ちてしまう可能性が高まるからです。
入居にふさわしい人物かどうかもチェックされていますので、ほどほどの交渉にとどめることを心掛けましょう。

ゼロスタートの賃貸で費用を大幅に節約できる

日本の不動産業界には世界でも珍しく、敷金礼金という独特の商習慣が根強く残っています。
入居時にオーナーに対して住居を提供してもらうことに感謝すると言う意味合いがあるほか、途中で支払いを滞らせて逃げるなどするのを抑止するために家賃の数ヶ月程度の金額を納めます。
将来的に退去する際には、破損した箇所の修繕費やクリーニング代などが差し引かれた金額が返還されるというルールですが、ほとんどのケースで1円も返還されないのが実態です。
そのようなことから、利用の賃貸物件を見つけたとしても敷金礼金が高額だった場合、諦めてしまうケースも少なくありません。
それにより良質な物件でありながらも空き家になってしまうほか、入居を希望する人は理想の物件に出会えないと言うミスマッチが生じていました。
そのような状況を打開するために登場したのが、敷金礼金のほか、最初の数ヶ月の家賃が無料となるゼロスタートの賃貸物件です。
初期費用を大幅に節約できることで選択肢が大きく広がり、オーナーと居住者の双方にとってメリットがあります。

賃貸物件にはインターネットサービスが導入されているものが魅力

賃貸物件を利用する際、電気やガスといったものは個別契約になっているので、それぞれ手続きをしなければなりません。
そして現代では電気と同じくらい、欠かせないものがインターネットです。
SNSでやり取りをするときには欠かせないツールですが、これは個別契約をしなくても賃貸物件全体で契約をしている場合があります。
マンションやアパートといった集合住宅の場合、大家さんがまとめて契約をしており、住人は誰でも利用できるようになっているところもあるでしょう。
その場合には、わざわざ個別契約をしなくて済むので手間いらずですし、引っ越したその日からインターネットが利用できるという魅力があります。
家賃の中に利用料金が含まれている物件もありますから、詳細は物件探しをしているときに不動産会社に相談をすると良いでしょう。
賃貸物件全体でサービスを契約しているほうが、利用料金が安い所が多いので、物件探しの時にはその点を確認することが欠かせません。

賃貸ではアンテナの有無や設置の可否を確認する

毎日テレビを見るのが欠かせないという方が多く、それを実現するためには受信ができるアンテナが必要ですが、賃貸の場合は住人が自由に設置ができないケースもあり、元々どのような設備が存在しているのか確認しておくことが大切です。
地上デジタルやBS、CSに対応したアンテナは既に設置されているのか、それとも自身でベランダに設置しても良いのか否かなど、見逃せない番組があるなら規約をチェックしておきたいところです。
それらの設備の設置が難しい立地条件の場合には、ケーブルテレビや光テレビで代替されているケースもあります。
それらの設備に対して無料で利用できるケースもあれば別途加入料が必要になる場合もありました。
この費用は自身で各会社と契約しなければならない場合や、月々の家賃に含まれている場合、オプションで申し込めば家賃に充当されるなど様々な形態があります。
戸建て住宅とは違い制約のある賃貸だからこそ、事前にしっかりと確認しておくのがおすすめです。

賃貸ではインフラ設備の充実から希望する物件を選ぶ

個人所有の戸建て住宅ならば自由自在に様々な工事を行うことが可能ですが、賃貸の場合はオーナーの意向が反映されるため自由にはなりません。
そのため賃貸物件を選ぶ際には、どのようなインフラ設備が整っているのか調べてから決定するのがおすすめです。
洗い物やお風呂など生活に欠かせないお湯を作るには給湯器が必須ですが、電気なのか石油なのかによって使い勝手や費用が違ってきます。
調理をするコンロは物件によってはガスが使えず、電気コンロしか使用できないケースもあり、おいしく作ることができるメニューに大きく影響します。
今やプライベートやビジネスにも欠かせないインターネット回線は最大速度に大きな差があるのはもちろんのこと、部屋別に個別の回線が敷設されているケースや、1つの回線を全世帯で共有しているケースもあり、パフォーマンスに大きな違いがあります。
賃貸で全ての希望を満たすためにはインフラの充実が左右することが多く、あらかじめ確認しておきたいポイントです。

物件情報のオススメサイト

神戸市・芦屋市で自分に合ったデザイナーズマンションを選ぼう

神戸 デザイナーズ賃貸

メニュー
新着情報

◎2023/9/1

情報を更新しました。
>賃貸の敷金礼金をカットしてもらうことは可能?
>ゼロスタートの賃貸で費用を大幅に節約できる
>賃貸物件にはインターネットサービスが導入されているものが魅力
>賃貸ではアンテナの有無や設置の可否を確認する
>賃貸ではインフラ設備の充実から希望する物件を選ぶ

◎2017/6/30

住む際にかかるお金
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「賃貸 高級」
に関連するツイート
Twitter

勝手にやってろ、ただ土地は外国企業には売らぬこと、そしてどんなに地価が高騰しても住人の固定資産税や賃貸住宅の家賃は据え置きにしろよ、、税金は宿泊客からの収益から徴収な、、>【独自】全国35カ所の国立公園に高級リゾートホテル誘致、岸田総理が表明へ(テレ東BIZ)

返信先:都心の高級賃貸と言ったらKENさんですね🤔素晴らしい物件沢山有り凄いです!

返信先:ここには書いてないが高級リゾートホテルはどうせ外国人オーナーが多くを占めるだろう。それで話が進んでるはず。日本人オーナー(されど大株主は外国人)はほんの少しなはず。 土地を売るな!やりたいならば法外な土地の賃貸契約を結ばせろ!周辺の職員を高額で雇わせろ! そもそもこのプランに反対!

返信先:高級賃貸!ニコ。

返信先: